2010年6月15日号 - 「会話以外のコミュニケーション(2)」

                会話以外のコミュニケーションのお勧め  その2

ビジネスに使うコミュニケーション手段は一般的に以下のようなものでしょう。営業の
ことで営業する側に立ち、長(○)短(△)を考えて見ましょう。

1・直接面談する会話(超アナログ的)コスト高
 ○:表情なども見る事が出来るため、お互いに、真のコミュニケーションを深めやすい、
   と思っている。即時性がある。
 △:移動時間がかかる。一般的にトップに会うにはアポも必要。相手の時間を拘束する。

2.電話(超アナログ的)コスト安
 ○:即時性がある。直接話すのに移動時間不要。
 △:表情が分からない。相手の時間を拘束する。
    相手が不在もあり、かけ直しも多い。

3.手紙ハガキ(DM以外)(アナログ的)コスト中
 ○:誠意、誠実さが伝わる。手作り感が出る。それなりに重みがある。
 △:即時性がない。手間がかかると思われている。文章が難しい。字に自信がない。

4.Eメール(デジタル的)コスト安
 ○:慣れた人なら簡単に送信できる。事務用に優れている。即時性がある。
 △:事務的な感じがある。

5.FAX(アナログ的)コスト安
 ○:簡単、即時性あり。
 △:簡単なだけに軽くに感じられる。

6.メモ(不在時に活用)(アナログ的)コスト安
 ○:簡単、手軽、
 △:重みを感じる事が少ない。

いろいろコミュニケーション手段があると気づくことが出来、各々長短が
あると理解できると思います。筆者はこれらをミックスして活用し、お客様
とのコミュニケーションをはかるべきと思っています。
特に直接面談以外のコミュニケーションの活用

2.電話は安いのですが、個別で不在も多く、相手の時間を拘束するデメリットが
  あります。アポを取る、緊急性ある 情報交換に向いている。

3.お客様と早期に信頼関係を作るには、個別に書く手書きの手紙ハガキのお礼状
  は、非常に効果があります。個別に書くので重みもあります。デジタル時代だ
  からこそ、大いに活用すべし。

4.5FAXとメール:このFAX情報誌およびメルマガなどは原文さえあれば、
  多くのお客様に一度にたくさんの情報を安く配信できるというメリットがあり
  ます。大いに活用すべし。

6.メモを訪問不在時に使用しますが、使わない人も多いのです。何も用がなく
  ても「近所に来ましたので、お伺い致しました」ぐらいのことを書き、置いて
  きたほうが良いでしょう。

                           まとめ 
以上のような事を参考にいろいろなコミュニケーション手段を活用し、お客様に
役立つ多くの情報を発信しましょう。


●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●

        笑い学会東北支部の例会に出演しました。

 昨年7月の笑い学会の全国大会が東北大学で行われ、数百人の規模で運営
されました。それにオブザーバー参加してから会員になりました。
 今回の例会時に事務局から出演しませんかと誘われ、チャレンジ精神旺盛
の私はやってみようということで出演を承諾しました。

 会場は仙台市東口の「パルシティ仙台」(コミュニティセンター)で6/13
日曜日、50人近くの人が参加していました。出演者は5組ほどでした。

 私の芸名は「狂育亭 何駄」(きょういくてい なんだ)です。社員教育
の講師を仕事にしているのでそれに引っ掛けた芸名です。

 仕事柄、人前にでるのは、むしろ好きなほうですが、笑いをとるのは非常に
難しいので久しぶりに緊張しました。実際にやってみたら私の予想通りに
受けました。かなりの笑いがとれ、皆さん大笑いしてくれました。

 まずまず、自己採点で90点と言うところです。終了時、事務局の方から
また別バージョンで出演してくださいとの依頼がありましたが、この日出した
ネタ以外は知らないので仙台では無理だと思っています。

仙台以外ならやりたいと思います。プロではないのでギャラはありません。

 本当に笑いというのは難しく、男女、年代などによってまったくポイント
が違うのです。私の場合は同年代に一番笑いがとれます。30代以下ですと
すべります。

 今回は男女半々で平均年齢60代前半といった感じなので良かったのだと
思っています。63歳の私の初体験でした。

■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■

         映画:RAILWAYS 49歳で電車の運転士になった男の物語

 この映画のテーマは、家族愛、自分の夢、仕事、などだと思います。
 主人公 筒井(中井貴一)は大手電機メーカーの経営企画室長で島根県で
一人暮らしの母の急病で、自分の進路を考えます。実話と聞いていました。

 http://info.movies.yahoo.co.jp/detail/tydt/id335991/

 このメルマガでも時々夢や仕事をテーマにしていますが、さらに家族と言う
テーマが追加されます。いい映画だったと思いますが、脚本にちょっと無理が
あり、もう少し素直に合点のいくストーリーにして欲しかった。

 というのはせっかく運転手になった主人公が運転する電車でちょっとした
問題があり、辞職することになる事件が起きるのだが、それを引き止める人が
集まるストーリーの部分だ。

 ホームに関係者の乗客・子供・電車の会社社長・電車の修理技術者などが
不自然に集合するのです。あの場面は不自然だと思うのです。もう少し
自然なストーリーにできなかったのかなと、思いました。

 私の甥に子供の頃から電車の運転手になることがが夢であり、それを実現し
た男がいます。私の実家が東京の板橋区常盤台というところで、東武東上線の
線路のすぐ近くでした。

 彼は子供の頃、母親(私の妹)実家に行くと、祖父(私の父)一日中と
言っていいくらい電車を見ていたらしい。一日中というからイスを持参で
行ってずーっと見ていて飽きなかったとのこと。

 高校卒業時に迷わずJRに就職、そのまま東京の山手線の車掌・運転手に
なった。さらに数年して新幹線の運転手に挑戦、現在は東北新幹線、上越
新幹線の運転手をしている。

 なかなか子供の頃の夢の職業に就いている人は少ないと思います。それより
前に夢自体がないように思います。私は40歳前後に今の仕事である社員教育
の講師というより、社会人教育の講師になりたくて、それが夢でしたが、
実現はできたと思っています。

 このように感想を書きながら、改めて文章を読み返すと仕事と夢が中心で
ありテーマの一つの家族がないと思いました。どうしても無意識に関心のある
ことに文章が行ってしまうものだと思いました。
 
■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■
●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●

      自分の元気力アップは元気な人と付き合うこと
      若手中心(30−50歳代中心だが以上もOK)の
         IGK異業種交流会のお知らせ

2010年 6月の例会は6月は16日(水)です。
(前回のお知らせは間違っていました)

   テーマは「ビジネスに関するDVDを見てのディスカッション」

   このテーマで話し合います。今回初めての企画です。多くの方の参加をお待ち
   しております。お問い合わせなどは以下にお願いします。
   幹事 川又進 氏 susumu@sasappa.co.jp

 6月16日(水)18:27より約2時間
 場所:仙台ビジネスホテル 
 会費は  1500円 年会費 0円

詳しい内容 お問い合わせ 幹事 川又進 氏(笹氣出版印刷)
           電話022-288−5555(会社) 
                 susumu@sasappa.co.jp


■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■
●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●