2010年5月31日号 - 「天職の考え方」

            「天職の考え方」

 この春も大卒、高卒の就職率の問題がクローズアップされています。しかしながら、
自分がなんの仕事に向いているか分からない。とか、この仕事以外には考えられない。
というような甘えがあるようなことも事実のようです。

 結構、飲食業界は求人に困っているのですよね。知人が年末の東京の年越しテント村
のニュースを見るにつけ「甘えているんだよね、うちの業界なら就職できるのに」と
言っていることが印象に残っています。

また、ニート・フリーターが問題になっています。
彼らの意見の一つは自分に向いた仕事が見つからないからというもの。

米メジャーリーグのイチロー選手は物心ついた頃から、プロ野球選手になると決めていて、
その頃の彼の意思が作文で紹介されました。

しかし、小さい時から夢を持ち、その夢を仕事にできる人は非常に少ない、と言っていい
でしょう。多くの人は小さな縁で仕事を探し、今の仕事に就いています。

一般の人が天職を見つけるノウハウを紹介しましょう。
1.縁あって就いた仕事が、初めから天職だと言うことはなく、最初は困難があり努力で
 乗り越えると天職だと思えるようになる。

2.与えられた仕事だけをやっていると、それは天職にならない。例え、今の仕事は天職
  ではないかもしれないが、今の仕事で周りの人に喜ばれる工夫をすると天職を探すの
  に役立ってくる。

3.仕事の夢中になれる部分を今の仕事に求めてみる。あらゆる物事がそうであるように、
  仕事もプラス面とマイナス面があるので、プラス面を見るようにする。

4.今の仕事に苦手意識を持たないこと。筆者が研修の場で「文章を書くのが苦手と思って
  いる人、手を挙げてください。また、多くの人前で話すのが苦手と思っている人、手を
  挙げてください。」と質問すると大部分の人が手を挙げます。

  そこで、「苦手というのは沢山練習したが上手になれないことをいうのですよね。
  ほとんど練習をしない事について苦手とは言いませんね。さて、沢山練習をしたが、
  文章が苦手という方、沢山練習をしたが、人前で話すのが苦手という方、手を挙げて
  ください」と言うと、ほとんどの人は手を挙げなくなってしまいます。
  人間は慣れればなんとかなることが多いものです。

5.また、自分の性格の特徴を探すのも重要です。腹話術で有名な「いっこく堂」は、
  最初は自分の恥ずかしがりやの性格を直すため、劇団に入ったそうです。

  しかし、自分は他人と協調してやる仕事は好きではないと判断し、腹話術の世界に
  入ったそうです。そして、売れない時代が続き、パピプペポ、マミムメモなどの破裂音
  を、上下の唇を合わせないでする発音の訓練をし、できるようになったそうです。
  腹話術は彼の天職に違いないでしょう。

  
●NHKの「プロフェッショナル」に2回も出演したミシュランの3つ星のシェフならぬ、
 寿司職人のお店「数寄屋橋 二郎」さんは次のように名言を残しています。

 「自分に合った仕事を選ぶのではなく、たまたまついた仕事で、自分をその仕事に合わ
  せることが重要だ」と。

  次郎さんもなりたくて寿司職人になったわけではないのです。とりあえず就く仕事が
  それしかなく、それでその仕事が天職になったのです。


●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●

     DVDで「ショーシャンクの空に」を見ました。
                  オススメです。

ある人のブログで感想と内容が詳しく書かれているので紹介します。
超ネタバレですが、それでも見ることをオススメしたいです。
http://blogs.yahoo.co.jp/kaju1120/26258010.html

 私自身 良く知っている知人から紹介されて見たのですが、良かったです。
 映画館では見ていなくて、DVDで見たのです。2回も見ました。
 2年位前と今回です。
 
 前に見たときはあまり感動したことはなかったと思いましたが、今回は
本当に感動しました。キーワードは「希望を持つ」「困難に耐える」
「友情を大切にする」。

脇役のモーガン・フリーマンがいいと思います。最近の「インビクタス」
でもいい演技をしていたと思います。

 一言で言えば、脱獄映画なのですが、脱獄の方法そのもにフォーカス
されているのではなく、看守や刑務所長、囚人との人間関係などに
フォーカスされて物語が展開されています。

 今年の初めごろ日本のどこかで劇場公開もあったようで、そのときには
YAHOOの映画評で4.5ぐらいをとっていました。

■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■

     DVDで「アルカトラズからの脱出」も見ました。

これもかなり古い映画です。
http://info.movies.yahoo.co.jp/detail/tymv/id1448/
 クリント イーストウッド主演です。もう30年以上前の映画でしょう。
1979年となっていました。

 脱獄モノは結構好きで見ています。最近と言ってもDVDファンには
新しくないよ、と言われそうですが、「プリズンブレイク」も見ました。
シリーズ(50巻ぐらい?)全部です。

 アルカトラズというのはサンフランシスコの海に浮かぶ刑務所で、脱獄不可能
と言われたところです。そこから脱獄した実話を題材にしたらしい。
 脱獄後1年ぐらいで、閉鎖になったとのことです。
 
サスペンス映画と言うカテゴリーになっているようですから、そのファンには
特にオススメです。

■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■
            

       他人の何気ない一言で助けられた。

このようなサイトはなんていうんでしょうか。私自身どのようなきっかけで検索した
のか忘れましたが、読んでいて心が潤ってくる感じのするトピックスがかかれています。

http://komachi.yomiuri.co.jp/t/2010/0419/309359.htm?o=0&p=30

落ち込んでいるときなどには特に元気付けられると思います。一度読んでみられては
いかがでしょうか。

 私自身の一言は、サラリーマン時代に出世が遅れていると思った時代がありました。
その後、係長になったそのときに、友人から「お前は何もしていなかった訳じゃない
んだな」と言われたことがありました。そのとき、その友人の前で思わず泣きました。
(自分なりの努力をしていたときでした。)

もう一つは「下田さんに会って人生が変わりました」と言われたことがありました。
これもお酒が入っているときで、涙がでました。

 このように私自身が喜びを与えてくれる言葉をもらっているので、他人に喜びを
与えるような言葉を常時持っていたいなあと思います。

●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●

      自分の元気力アップは元気な人と付き合うこと
      若手中心(30−50歳代中心だが以上もOK)の
         IGK異業種交流会のお知らせ

2010年6月の例会は17日(水)です。

   テーマは「ビジネス関係のDVD」を見て感想を話し合う。

   このテーマで話し合います。勉強になります。

 6月17日(水)18:27より約2時間
 場所:仙台ビジネスホテル 
 会費は  1500円 年会費 0円

詳しい内容 お問い合わせ 幹事 川又進 氏(笹氣出版印刷)
           電話022-288−5555(会社) 

■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■
●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●