メルマガサンプル

山田太郎(お名前が入ります)様
                  有限会社コスモマインド
                      下田 達雄

         メールマガジン発行の事前の御挨拶

山田様にはきっとお元気でご活躍の事と思います。

このたび私下田は新しくメールマガジンを、無料で発行させて
いただくことにしました。実は今までも発行していましたが、
新たなスタイルで発行しようと思っているのです。

無料の理由は、弊社サービスのPRが一部入っているからです。 

 新たなスタイルとはどんなことかといいますと、今までのメルマガは
例え知人でも、一般多数の読者を相手に文章が書かれていました。

 今回私がチヤレンジするのは、少なくとも挨拶文のところは、
フレンドリーになるように、山田様というように、お名前を入れ
ようと思っているんです。

 これにより、知人の方だけのように感じさせるメルマガにしたいと
考えています。

 内容はビジネスに役立つ、経営、人材育成、リーダーシップ、営業
マーケティング、マネージメントなどの情報で、月2回の発行予定です。

 万一山田様がメルマガは不要だと思われる場合はいつでも結構です
ので遠慮なご連絡下さい。今後は送信しないように致します。

 今までも毎週読んでいたよ、という方もおられると思います。
そういう方は隔週になった分だけ、中身が濃くなったと感じていただく
ようにします。また、そう感じてもらえると嬉しいなと思っています。
 
 以下が新発行のメルマガです。ご一読いただければ幸いです。

(文体が口語体に近い表現になっていますが、メルマガの本などによりま
 すと、口語体が主流でそのほうがフレンドリーになり、親しみやすいと
 のことです。私もそう思うので、あえて、なるべく口語体にしています)


□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□
■----------------------------------------------------------■
□ 新・ビジネスお役立ち情報                             ■
■ (貴社名が入る) 例     山田メルマガ通信                 □
■                   2004年10月19日号             ■
□----------------------------------------------------------□
■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■
    
このメルマガは弊社とお取引あるお客様、仕入先様にビジネスお役立ち
情報を月刊で配信しております。

(万一ご不要だと思われましたら、「CMMメルマガ不要」と下記に
ご連絡をお願いいたします。以後配信を停止致します。)
 cm@cosmomind.net
●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●

 今年はオリンピックで日本人選手の大活躍がありましたが、スポーツ界
を含めたマスコミの話題のなかで、今年のイチローは、一番の明るい話題
だったのではないでしょうか。

彼のことでいろいろなエピソードが、マスコミから報じられていますが、
彼に関わった人で、筆者が一番印象的な人は、河村コーチです。

河村氏はイチローのオリックス時代の二軍のコーチでした。河村コーチは
イチローの振り子打法を認めていました。振り子打法というのは、打つ
ときに重心を左足から、右足に移す打法で、今までの野球の常識にはない、
特別な打法でした。

ゴルフでいうスウエー打法だったのです。普通の打者では、安定感に欠け、
成功しないと言われていました。ところが、彼は天性の才能と努力により、
打てたのです。

ご存知のように、彼はヒットの25%程度を内野安打で稼いでいます。
この振り子打法は打った後、重心が左足に移るので、一塁方向に第一歩を
踏み出しやすくなり、内野安打を生みやすくなります。

そのためにも、振り子打法は彼にとって必要でした。彼の持ち味の足を
生かすことができるからです。

しかし、イチローが一軍に上がってから、一軍のコーチは彼の振り子打法
は変則だ、ということで認めず、彼は二軍に降格されてしまったのです。

イチローはそれを聞いて河村コーチの前で、泣いて悔しがったそうです。
それでも彼は自分の持ち味である振り子打法は変えない決意でした。

その翌年、仰木監督が就任し、一軍打撃コーチも新任の荒井コーチになり
ました。イチローは河村二軍コーチの進言により一軍に上がりました。 
イチローは仰木監督、荒井打撃コーチに振り子打法を認められ、活躍した
のでした。

この年200本安打を打ち、彼の快進撃は始まったのです。今でも彼は、
日本に帰ってくると、河村コーチに会って打撃のことを相談するそうです。

 このケースを河村二軍コーチの人材育成の面からみるとどのような事が
言えるのでしょうか。

1.成果を生み出すことについては、過去の常識にとらわれないこと。
  イチローの場合は振り子打法そのもの。

2.長所を見つけそれを生かす事を考える。イチローの場合は速い足=
  内野安打を生み出すという長所を生かす。そのための振り子打法。

3.部下を自分の型に当てはめる指導者というよりは、良き相談者、
  支援者と言う立ち場に立つということだと思います。
  イチローの場合は河村コーチに絶対なる信頼を寄せていたし、今も
  信頼しています。

●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●
 
 弊社『新サービス情報・貴社のFAXマガジンの発行代行』のご案内

貴社でもお得意様向けに、貴社名のFAXマガジンを発行しませんか。
弊社にて格安にて、発行を代行させていただきます。
貴社のお手間はかかりません。全て弊社にお任せです。
詳しくはHPをご覧下さい。
http://www.dunamis.jp/cosmomind/FAX-magajinn.html

●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●

           注目企業・楽天の会議

楽天では時間を非常に大切にしているとのことです。IT企業はスピード
が命ということで、重視しているらしいです。

 会議は前日夕方5:00までに報告書を提出がルール。全員がお互い
それを読んで会議に出席とのこと。それで状況の説明が省けるので、
非常に大幅に省時間となる。

経営会議は毎月曜の朝7:00から一時間。その後全社員の朝礼。
そこでの発言は一人30秒が原則。

メールが発達しても、メンバーが直接顔をあわせる会議は、大事にして
いるとの事。お互い顔色などを読むこともだいだからーーー。

●私が一番印象的なのは、事前の会議資料提出、なるほど、これなら、
 時間短縮になると思いました。


 
○○○○○○○○○○○○○○○○○○○○○○○○○○○○○○○○
編集後記

お名前入りの『メルマガ』いかがでしたでしょうか。

私としては、個人あてにお届けするという、親近感を感じて頂くように
作成し、従来のメルマガとは差異化したつもりです。

ご感想などいただけると嬉しいです。最後までお読みいただき有難う
ございました。